コンシダーマルはシミや毛穴に効果ある?効かない?【成分から検証】悩み別7選

未分類

コンシダーマルは、肌本来のラメラ構造を組み立てることで潤いを角質層まで届けます。

コンシダーマルはラメラ構造を使用している

洗顔後の肌に優しく馴染ませるだけでスキンケアが出来てしまうので、忙しいママにも人気のようですね。

厳選した美容成分を30種類も配合されたオールインワン化粧品です。

 

では、コンシダーマルにはどんな効果があるのでしょうか?

 

早速、調べていきましょう。

コンシダーマルの悩み別効果 7選

コンシダーマルの厳選された美容成分は、どのような悩みにアプローチしてくれるのでしょうか?

 

悩み別に、成分の効果をまとめてみました。

①毛穴に対する効果

コンシダーマルは毛穴への効果が期待できる

グリシンは、毛穴の開きを小さくする効果があります。

毛穴の開く原因である炎症などを抑える働きもあり、根本の改善にも期待できます。

高い保湿効果で、キメを整った肌に育てます。

②シミ・そばかすに対する効果【ニキビ跡】

コンシダーマルはニキビ、吹き出物への効果がある

セラミドは、シミ・そばかすを防ぐ効果があります。

セラミドは、保湿力もあり肌の生まれ変わりを促します。

肌のターンオーバーを整える事で、出来てしまったシミ・そばかすも薄くすることが期待できます

③ニキビ・吹き出物に対する効果

スクワランがニキビの予防に働きます。

殺菌効果があるので、ニキビの原因であるアクネ菌などを殺菌してくれます。

ニキビや吹き出物の予防・改善に効果的です。

④しわに対する効果【ほうれい線・小じわ】

エラスチンがシワ・たるみに働きかけます。

エラスチンは真皮に存在する繊維状のタンパク質で、コラーゲン同士を結びつける役割しています。

弾力のある肌に導くので、シワやたるみの改善が期待できます。

⑤美白に対する効果

ホホバ種子油が、紫外線のダメージから肌を守ります。

通常肌は、紫外線を受ける事でコラーゲンの減少が起きます。

そのコラーゲンの分解を抑える働きで、光老化を防ぎます。

⑥肌荒れやアトピーに対する効果

ホホバ種子油は、肌トラブルの炎症やかゆみを抑える効果があります。

医療機関で使われることもある成分です。

アトピーや皮膚炎にも効果が期待できると言われています。

⑦うるおい肌の為に、乾燥を防ぐ効果

アミノ酸が肌の保湿に働き、乾燥を防いでくれます。

コラーゲンはアミノ酸が構成成分となります。

角質層に水分を多く含むことが出来る為、肌に潤いを与えます。

では他にはどんな成分が配合されているのでしょうか?

 

副作用の心配などはないのか見ていきましょう!

コンシダーマルの全成分│副作用なく安全?

コンシダーマルの成分は副作用などの心配などがないのか、メーカーに直接聞いてみました。

まずは、全成分はこちらです。

コンシダーマルの成分表

水、BG、グリセリン、シクロヘキサシロキサン、ベタイン、DPG、トレハロース、ステアリン酸グリセリル(SE)、プラセンタエキス、サッカロミセス/(黒/プラセンタエキス)発酵液、ヒトオリゴペプチド-1、セラミドNG、セラミドNP、スクワラン、加水分解エラスチン、ヒアルロン酸Na、水溶性コラーゲン、アルギニン、アスパラギン酸、PCA、グリシン、アラニン、セリン、バリン、プロリン、トレオニン、イソロイシン、ヒスチジン、フェニルアラニン、PCA-Na、乳酸Na、クエン酸、クエン酸Na、塩化Mg、塩化Ca、シア脂、ホホバ種子油、トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル、ラウロイルグルタミン酸ジ(コレステリル/オクチルドデシル)、ベヘン酸、ラウロイルサルコシンイソプロピル、ステアリルアルコール、ベヘネス-30、エチルヘキシルグリセリン、フェノキシエタノール、(アクリレーツ/アクリル酸アルキル(C10-30)クロスポリマー、PPG-6デシルテトラデセス-30、メタリン酸Na、シクロペンタシロキサン、トコフェロール、ステアロイルグルタミン酸2Na、ビサボロール、ポリ-ε-リシン、マンニトール

コンシダーマルの美肌有効成分

コンシダーマルにはプラセンタエキスが配合されています。

プラセンタの効果には次のようなものがあります

美肌効果

プラセンタには、肌のターンオーバーを整える効果があります。

そのため古い角質が止まることなく、新しい肌に生まれ変わることができます。

シミなどを防いで、肌のトーンを明るくします。

又、高い保湿効果もあるので潤いのあるみずみずしい肌を保ちます。

このような事から、プラセンタエキスは広範囲で肌年齢に効果が期待できそうですね。

安全?毒性のある成分はない?

 

コンシダーマルの成分の中で毒性のものがないか調べてみると、トレハロースについて気になる内容を見つけたんです・・・

トレハロースに下痢などの副作用があり 危険だとされているものです。

 

 

ですがそのような副作用が起こる原因にはトレハロースの過剰摂取がありました。

トレハロースは きのこなどに含まれる自然の 糖質で、安全性の高いものです。

 

美容商品として 育毛剤や入浴剤、基礎化粧品などに取り入れられることも多い成分です。

コンシダーマルは肌につけるものなので下痢などの心配もなくの効果としては高い保湿効果期待できます。

コンシダーマルは毒性のある成分は配合されておらず安心して使える化粧品だと言うことがわかりましたね。

コンシダーマルはパラベンフリー・界面活性剤なし

コンシダーマルはパラベンフリー・界面活性剤を使用していない化粧品です。

パラベンとは化粧品などに使われる防腐剤の一種で 、人によっては刺激を感じてしまうようですね。

できることなら避けたい成分です。

次に、界面活性剤は水と油を調和させるための成分です。

洗浄力が強く肌に刺激があることから避けられる傾向にあるようですね。

このように、パラベンフリー・界面活性剤の配合がないことからも、コンシダーマルは肌に優しい化粧品といえます。

副作用は大丈夫

副作用についてメーカーに問い合わせてみました。

コンシダーマルは副作用の心配はありませんか?

 

副作用の心配のある成分などはありません。

ですが、肌に合わないといった報告はございます。

定期コースでの申込みですと、返金保証もありますのでご利用ください。

 

 

もちろん万人に合う物を作る事は不可能なので、コンシダーマルが合わない人もいるようですね。

ですが、副作用の報告などはなかったとの事なので安心出来ました。

まとめ

コンシダーマルには、シミや毛穴に効果のある成分が配合されていました。

更には、シミや毛穴だけでなくその他にも色々な効果が期待出来る事が分かりましたね。

・ニキビや吹き出物の予防や改善
・シミに対する効果
・美白に対する効果
・肌荒れに対する効果
・乾燥を防ぐ効果

パラベンフリー・界面活性剤の使用していない低刺激処方なので、敏感肌の人でも安心して使えそうですね。

副作用についてもメーカーに確認しましたが、そのようなお問い合わせはないようで安心しました。

コンシダーマルは、たくさんの効果が期待できそうですね。

タイトルとURLをコピーしました